会社に頼らないで生きるブログ

自分の経験談、思ったことを書いていきます。簿記を勉強中!

お昼の楽しみ

 

こんばんわ

 

今週もようやく終わり、10月もほぼ終わりました。

今年もあと僅かと同時に帰りの電車に乗る学生たちも徐々に顔が険しくなっています。

そういえば全国統一試験があと少しなんですよね。

毎年恒例の姿ですが、今必死に勉強している人たちは来年にはこの電車に乗らなくなるんだろうなと思うと少し寂しくなりますね。

さて、今日はお昼の楽しみについてです。

 

もくじ

 

最近のお昼の楽しみ

 

 

 ここ数ヶ月お昼になるのが待ち遠しいです。

それはYouTubeスラムダンクがアップされるからです。

スラムダンクは小学生の時に金曜日の夜6時頃に放映されていました。

美少女戦士セーラームーンの後だった事を今でも覚えています。

私の地元ではアニメの放送が少なく貴重な時間です。

しかし、小学生の頃はスラムダンクがあまり好きではありませんでした。

試合の部分が長く、早く試合の結果を見せてと思う事があったからです。

バスケットが好きでもない当時は仕方ないかもしれません。

ただ今見るとめちゃくちゃ面白いですよね。

 

 

大人になって気づいた面白さ

 

 

 小学生の頃と違い今見ているスラムダンクは面白いです。

現在、インターハイの決勝リーグで陵南と対戦し残り5分の所です。

湘北高校が10点リードしていますが、綾南の魚住がベンチから戻り、仙道、福田らも息を吹き返し再び湘北を追い詰める所で目が離せません。

 スラムダンクと言えば、三井寿安西先生との場面が有名です。

このシーンは不良だった三井がバスケに対してもう一度復帰するきっかけになる名場面です。

ただ、私の中で一番好きな場面は海南大付属との場面が今ではとても好きです。

最後の最後まで勝利を諦めずに全力を尽くす桜木がまさかのミスをしてしまい、敗北をしてしまい悔し涙を流すシーンです。

この場面に来るまでに、王者海南大付属との戦いは赤城が3年間描き続けた夢の舞台である事、途中で赤城が怪我をしたが海南大付属との対決を諦めきれない事を知った事、など今までよくケンカをしていた赤城の夢を叶えさせたいと桜木が奮起していた試合です。

桜木の涙の意味を考えた時にこんなに素晴らしいアニメだったのかと30年経った今ようやく気が付けました。

 

 

最後に

 

 

 このお昼のお楽しみの時間もそろそろ終わりが来ます。

アニメ版のスラムダンクは決勝リーグの陵南戦で終わりです。

この後に陵南と翔陽の合同チームとの練習試合などがありますが、それでも11月中には終わってしまいます。

始まりがあれば終わりがあるのは当然ですが、もう少し続きがあったらなと思いますよね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。